山形県旅行観光ガイド『山形城跡
山形城跡 Vol . 40
山形城跡
(山形県 山形市)
‐ Yamagata ‐
山形
Presented By 星★聖
山形城跡(山形 霞城公園)
国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』 > 山形城跡 山形城跡をご覧になるにあたって
山形城跡の評価
山形城跡の観光格付け評価
旅シュランの説明を見る

■ 山形城跡とは?

 山形県山形市霞城町にある、かつて東西1.5km・南北1.9kmの規模を誇り、三の丸の広さは約235万㎡(約71万坪)で、東京ドーム50個分もあったとされる、日本屈指の広さを誇った城跡。
 別名「霞城」「霞ヶ城」と言われ、現在「霞城公園」として整備されている。公園の名は、関ヶ原の戦いの頃、直江兼続率いる上杉軍が山形に侵攻してきた際に、霞がかかり上杉軍から城が見えなかったことに由来する。この戦の功により、出羽57万石としてこの地を治めたのが、初代山形藩主であり山形の礎をつくった最上義光。この時代に築城され、鳥居忠政の時代に整備がなされたが、本丸には初めから天守閣は存在しなかったとされる。花見の名所として知られている。
山形城跡のPR
おすすめシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
お花見
二の丸東大手門や本丸一文字門などの復元建築物を見よう!
奥羽本線も徐行するお花見シーズンはおすすめだよ!
城内にある最上義光像と済生館は必見だよ。見逃さないように!
~ 山形城跡 編 ~ 温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)
山形城跡の見所
二の丸東大手門 二の丸堀 山形城跡復元工事
二の丸東大手門 二の丸堀 山形城跡復元工事
1991年に、史実に基づき日本古来の建築様式にて、櫓門、多門櫓、高麗門、土塀などが復元された門。現在では、山形城跡の顔となっている。 二の丸の堀により、市街地と城内がクッキリと分けられている。現代感覚の公園なので、タイムスリップするような感覚は全くないが、気分は変わる。 東大手門に続き、本丸一文字門の復元も進み、2043年までに、本丸御殿を含めて全面復元することを目指している。
桜の名所 しだれ桜
桜の名所 しだれ桜
二の丸の堀の横を走る山形新幹線・奥羽本線。花見シーズンには、乗客へのサービスとして、通過時に徐行運転が行われるほど、お堀端の桜は美しい。山形には桜の名所がいくつもあるが、ここもそのうちのひとつで、花見シーズンには多くのツアー観光客が訪れる名所だ。夜にはライトアップも行われる。 まとまって咲くソメイヨシノの桜並木も美しいが、しだれ桜の一本桜もまた美しい。最近では城内のしだれ桜目当てで訪れる見物客が増えているほど。
観光&日常生活 最上義光像 済生館
観光&日常生活 最上義光像 済生館
城内には、野球場や博物館、児童文化センターなどの施設があり、観光スポットでありながら、地元の方の日常生活の場でもある。 出羽57万石としてこの地を治めた初代山形藩主にて、今日の山形の礎を築いた戦国武将の銅像。日本屈指のカッコよさをみせる騎馬像となっている。 1879年に県令であった三島通庸により建てられた建物で、もとは病院。三層楼と言われ国の重要文化財。文翔館とともに山形を代表する洋館のひとつ。
山形城跡の地図
基本情報
■名称:山形城跡
■読み方:やまがたじょうあと
■ホームページ:
■所在地:山形県山形市霞城町3
■問合せ:023-641-1212(山形市公園緑地課)
観光情報
やまがたへの旅
山形市観光協会
山形県エリアガイド
山形県グルメ情報
星★聖の名勝・史跡探訪記 『山形城跡』 編

復元進む山形城跡

東北は山形県の県庁所在地である山形市は、実はさまざまな見所のある町ですが、その中心的存在となっているのが、ここ「山形城跡」です。

平野部に建てられたこの平城である山形城は、別名「霞城」(かじょう)、「霞ヶ城」(かすみがじょう)と言われ、場内は「霞城公園」(かじょうこうえん)として、市民の憩いの場として利用されています。

その由来は、 関ヶ原の戦の頃、米沢城主「直江兼続」(なおえかねつぐ)率いる上杉軍が、山形に侵攻してきた際に、霞がかかり、西の富神山に構えた上杉軍の陣から、山形城が見えなかったことに由来すると言われています。
 
米沢城や鶴ヶ岡城同様、初めから天守閣を持つことのなかった山形城ですが、その敷地の実に広いこと・・・、東西1.5km、南北1.9kmもあったとされ、あの世界遺産である姫路城の三の丸まで含めた全体像よりも、その規模において上回っていたのでは・・・とされています。
 
これだけのスケールで城を整備し、維持し続けた人物こそ、当時、出羽の地にあって、ずば抜けた支配力を持っていた「最上義光」(もがみよしあき)でした。
 
関が原の戦いで功のあった最上義光は、、出羽57万石としてこの地を治め、整備をすすめ、やがて最盛期をむかえました。
 
山形の町は、最上家の発展の上に成り立っており、お家騒動などで、歴史上あまり良くは描かれない最上義光ですが、この山形の地においては、まぎれもなく功労者であり、今の山形があるのも、この最上義光の内政の力あってのものだと言っても、過言ではないのではないでしょうか。
 
そんな、現在の山形の基礎を築いたともいえる最上義光は、現在でも山形市民に愛される存在となっており、山形城跡である霞城公園内には、日本屈指のカッコよさをみせる騎馬像も建てられています。

桜の名所!霞城公園

現在山形城は、二の丸東大手門、本丸一文字門などの復元も進み、本丸御殿の復元へと作業が進められていますが、なかなか復元にあたって資料不足で難航しているようです。

そんな中でも、毎年春には、お花見スポットとして、観光客のみならず、家族連れやお年寄りなど、市民の憩いの場として賑わいをみせています。
 
桜の名所であるこの山形城跡は、城内を彩る桜の花がすばらしく、近くを走る奥羽本線が、通過時にスピードを落とすほど、見事な咲きっぷりをみせます。
 
是非とも、花見のシーズンに訪れてみて欲しい場所のひとつです。
 
そんな霞城公園のそばには、黒い三角屋根が際立つ、現代建築物である「山形美術館」や、「最上義光歴史館」などがあります。
 
山形美術館は、モネシャガールなど、西洋画の巨匠達の展示に加え、定期的に企画展などが開催されています。
 
最上義光歴史館は、前述のこの山形の地の発展に寄与した、最上義光の兜などの愛用品を一堂に集めた歴史館で、館内もさることながら、正面の噴水と女神像が、とても美しい建物です。
 
こちらも、山形を訪れた際には、この山形の歴史を知る上でも、是非立ち寄っていただきたい場所のひとつです。
山形城跡を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ! ・・・ 山形城跡を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ!
済生館
済生館
(山形)
文翔館
文翔館
(山形)
最上義光像
最上義光像
(山形)
姫路城
姫路城
(兵庫)
出羽三山神社
出羽三山神社
(山形)
<<< 039 日本こけし館 さっぽろ雪まつり 041 >>>
山形城跡(山形 霞城公園)
山形のゴルフ場予約銀山温泉の宿蔵王温泉の宿あつみ温泉の宿焼津のマグロ
-山形城跡のPR-  ~ ♪にっぽんコロリン!ここ最高! 山形県旅行観光ガイド『山形城跡』~
― 国内旅行観光ガイド 『名勝・史跡★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) Takashi Hoshi. All Rights Reserved.