岡山県観光ガイド笹畝坑道

国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』のホームページ 名勝・史跡の100景を検索する 吹屋の笹畝坑道

Vol . 287

笹畝坑道

Okayama

岡山県

3つ星評価

Sasaune kōdō

笹畝坑道

Presented By 星★聖

笹畝坑道(岡山 吹屋)

笹畝坑道をご覧の皆様へ

笹畝坑道ささうねこうどうとは?

ベンガラの産地として繁栄した岡山県高梁市成羽町にある、807年に発見され、戦国時代には毛利氏と尼子氏で利権争いをした戦の記録も残る、「吹屋銅山」こと「吉岡銅山」の支山だった坑道。2007年に、近代化産業遺産に選定されている。

江戸時代には天領として幕府直轄地となり、元禄年間の1681年からは「泉屋」こと住友家が経営を35年間行い、西国一の銅山として日本六大銅山に数えられた。

1722年からの享保~天保年間は、「福岡屋」こと大塚家が二度にわたり計107年間経営を担った。この頃の繁栄の証として、大塚理右衛門により寄進された吉備津神社の大鳥居が挙げられる。

1873年からは三菱財閥の三菱金属が経営を引継ぎ、近代化とともに日本三大鉱山の一つに数えられるほど隆盛を誇ったが、1931年に一時閉山。戦後再開されるも、次第にその勢いは衰え1972年に閉山。

その後、1977年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されると、黄銅鉱や磁硫鉄鉱を産出していた採掘現場の遺構の保全・整備が行われ、1979年11月に延長320mの坑道が一般公開されるようになり現在に至る。

笹畝坑道の見所

吹屋銅山の繁栄期

吹屋銅山の繁栄期

吹屋銅山の繁栄期は大きく三つの時代に分かれる。最盛期は江戸時代の元禄年間で、西国一の銅山として「日本六大銅山」に数えられた。その次が享保~天保年間で、この頃の繁栄の証として、大塚理右衛門により寄進された吉備津神社の大鳥居が挙げられる。最後が明治~昭和期で、水力自家発電により選鉱・精錬や、トロッコの敷設による鉱石の軌道搬出、削岩機による機械化、日本初の洋式溶鉱炉など、最先端の技術で採掘が行われ「日本三大鉱山」の一つに数えられていた。

笹畝坑道

笹畝坑道

夏場だと天然のエアコンといった感じで、中に入るとすぐにヒンヤリする。年間を通じて気温は15℃前後を保っているという。

腰痛に注意!

腰痛に注意!

坑道そのものといった感じで、かなり狭く天井も低い。しばらく腰を曲げたまま歩くため、出てから腰痛になる人もいるとか…、注意しよう!

近代化産業遺産

近代化産業遺産

奥に進むと急に開け、秋芳洞などのような感じで、かなりの大空間が現れる。採掘現場の様子がよくわかる近代化産業遺産だ。

工夫の蝋人形

工夫の蝋人形

石炭の歴史村もそうだったが、坑道探検にはつきものの、もくもくと作業を行う蝋人形の工夫に出逢う。暗がりなので、子供などはドキッとするようだ!

笹畝坑道 出口

笹畝坑道 出口

出口から坑道の外に出ると、吹屋の山々が出迎えてくれる。狭いところを抜けてきたせいか、ひと際開放感を感じる瞬間だ。ここから階段を下り入口へと戻る。

元祖 露頭

元祖 露頭

出口の上に、銅山探しの原点とも言える「露頭」がある。その周辺には、露頭探しの手掛かりとなるヘビノネゴザもあるとか…

星★聖のここがポイント!

露頭を見逃さずにね!

坑道見学の出口を出たら、坂を下らずにすぐ上の「露頭」を見に行こう!

マジで腰痛に注意!

腰を曲げたまま坑道を歩き、出てから腰痛になる人もいるので注意。準備運動をしっかりと…

夏は涼しく、冬は暖かく感じるよ!

坑道内の気温は、年間を通じて15℃前後で一定だよ!

笹畝坑道 編

国内旅行業務管理者・温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)の署名画像です 星★聖(ほし たかし)のイラストです

この時期がおすすめ!

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
名称 笹畝坑道
読み方 ささうねこうどう
郵便番号 〒719-2342
所在地 岡山県高梁市成羽町中野1987
最寄り駅 JR伯備線:方谷駅/備中川面駅
お問合せ 0866-29-2145
参考HP 高梁市観光協会
参考HP 岡山県観光連盟
宿泊予約 旅Pod ホテル・旅館予約
温泉地 プロが選ぶ湯原温泉宿
プロが選ぶ湯郷温泉宿
ゴルフ 岡山県のゴルフ場ランキング

笹畝坑道のカテゴリー

遺産 体験・見学施設

笹畝坑道の地図