岡山県旅行観光ガイド『広兼邸
広兼邸 Vol . 229
広兼邸
(岡山県 高梁市成羽町)
‐ Okayama ‐
岡山
Presented By 星★聖
広兼邸(岡山 吹屋)
国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』 > 広兼邸 広兼邸をご覧になるにあたって
広兼邸の評価
広兼邸の観光格付け評価
旅シュランの説明を見る

■ 広兼邸とは?

 岡山県高梁市成羽町の吹屋の町並みから南方約3kmにある、笹畝坑道やベンガラ館吹屋小学校などとともに「吹屋ふるさと村」を構成する観光スポットの1つ。江戸時代後期の享和・文化年間に、小泉銅山の経営と吹屋の代名詞でもあるベンガラの原料となるローハの製造によって巨万の富を得た広兼家の邸宅で、庄屋でありながら豪商ぶりを見せた二代目当主 広兼元治が1810年に築造。
 約780坪もの敷地には、約98坪の本宅、約35坪の離れ座敷、約31坪の長屋、約46坪の土蔵など全56部屋があり、映画「八つ墓村」のロケ地としても知られる。
 20世紀となり当主が東京へ引越した後、留守居が屋敷を守ってきたが、1984年に町の文化財に指定されると、翌1985年2月に広兼家より県に寄付された。
広兼邸のPR
おすすめシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
強いて言えば紅葉時がおすすめ
城郭のような石垣と、楼門造りで衛兵までいた威圧感のある門構えに注目!
武者返しのような石垣は、これで半分は埋まっているんだよ!
邸宅の向かいには、なんと個人の神社として天広神社が建っているよ!
~ 広兼邸 編 ~ 温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)
広兼邸の見所
広兼邸
広兼邸
実に荘厳な眺めだ!観光地化された今でも近づくのがはばかれるほどの威圧感がある。この写真は駐車場から撮影したのだが、車を降りこの光景を目の当たりにした時には、まるで難攻不落の敵の城に、犬死にしに行くかのような面持ちとなった。清正もビックリの武者返しのような高石垣は、これで半分は土に覆われているというから驚く。楼門には24時間体制で門番がつめていたというから、この距離この角度で見下ろされたら身動きも出来ない。庄屋と言えども、いかに事業がうまくいき成功を収めたかが、如実にこの石垣と門構えに表れている。おまけに向かいには、個人の神社として天広神社が建っている。天広の名の「広」は言うまでも無い。
駐車場からのアプローチ 銅と弁柄の里 吹屋 広兼邸 楼門にある不寝番部屋
駐車場からのアプローチ 銅と弁柄の里 吹屋 広兼邸 楼門にある不寝番部屋
駐車場からは、広兼邸の遺功を眺めつつ、ぐるりと回り込みながら坂を上ることとなる。とにかく自然豊かで眺めの良いところだ。 近づくにつれその屋敷の凄さをまざまざと感じる。柳生の里にある柳生藩家老屋敷や小山田家分家をイメージしていたが、圧倒的に広兼邸の方が迫力がある。 これが楼門。2層が不寝番部屋となっており、ここから24時間体制で見張りが行われていた。くどいようだが、城でも武家屋敷でもないのにだ!
天守閣のような格子越しの眺め 映画「八つ墓村」
天守閣のような格子越しの眺め 映画「八つ墓村」
最初の写真のところで、楼門には24時間体制で門番がつめていたというから、この距離この角度で見下ろされたら身動きも出来ない・・・と書いたが、ご覧のとおりだ。山を上ってくる者や、近づく人の動きが手に取るようにわかる。この格子越しの眺めは、まるで天守閣のようだ。 「祟りじゃ~っ!」のセリフで知られる、横溝正史原作の映画「八つ墓村」。広兼邸での映画ロケは、1977年と1996年の二度行われている。
本宅 客間→玄関→店の間→控え間 台所
本宅 客間→玄関→店の間→控え間 台所
三菱系だった広兼家当主が東京へと引越し、留守居が1985年まで2代に渡って家を守っていたというから、そう昔の話ではない・・・ 本宅内の和室の続き間。手前から客間→玄関→店の間→控え間と続き、奥に台所が見える。右手に主人の居室や寝室・居間がある。 カマドの数もさすがといった感じだが、驚いたのが、漬け物専用の置場と精米場があり、さらには料理場は別だということ。台所で調理はしないんですね・・・
離れ座敷 もはや個人宅ではない 離れ座敷と土蔵
離れ座敷 もはや個人宅ではない 離れ座敷と土蔵
本宅よりも後の大正時代に造られた、美しい佇まいを見せる離れ座敷。本宅の瓦や妻側の装飾にも驚かされたが、離れ座敷の瓦も普通ではない。 違い棚のある離れ座敷。屏風や衝立障子などの調度品にも驚いたが、畳の敷き方がもはや個人宅ではない。不祝儀敷きでこうなっているわけではない。 手前が離れ座敷で、奥に見えるのが、主に米蔵として利用された土蔵。写真には写っていないが、その奥に、乗馬用の厩と道具などを置く土蔵がある。
水琴窟 みそ蔵&土蔵 長屋
水琴窟 みそ蔵&土蔵 長屋
樹木の裏手に、日本庭園の美の結晶である水琴窟がある。竹が刺さっており、耳を近づけると、日本人の心の琴線に触れる透き通った音色が聴ける。 本宅の裏手に回ると見られるのが、このみそ蔵&土蔵である。でっかく家紋が入り造りも凄い。みそ蔵にも驚くが、土蔵にはどんな財が眠っていたのか・・・ 手前に番頭や下の者の部屋があり、奥に厩や種こんにゃく保存室、仔牛小屋に農作業場が続いている。下女と女中は異なり、女中部屋は本宅2階にある。
広兼邸の地図
基本情報
■名称:広兼邸
■読み方:ひろかねてい
■関連ホームページ:吹屋ふるさと村
■所在地:岡山県高梁市成羽町中野1710
■問合せ:0866-29-2222(成羽町観光協会)
観光情報
岡山県観光連盟
高梁市観光協会
岡山県エリアガイド
岡山県グルメ情報
広兼邸を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ! ・・・ 広兼邸を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ!
閑谷学校
閑谷学校
(岡山)
鬼ノ城
鬼ノ城
(岡山)
吉備津神社
吉備津神社
(岡山)
鬼の差し上げ岩
鬼の差し上げ岩
(岡山)
備中高松城
備中高松城
(岡山)
<<< 228 中宮寺 本満寺の枝垂桜 230 >>>
広兼邸(岡山 吹屋)
岡山のゴルフ場予約静岡クラウンメロンの通販湯原温泉の宿湯郷温泉の宿焼津のマグロの通販
-広兼邸のPR-  ~ ♪にっぽんコロリン!ここ最高! 岡山県旅行観光ガイド『広兼邸』~
― 国内旅行観光ガイド 『名勝・史跡★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) Takashi Hoshi. All Rights Reserved.