北海道旅行観光ガイド『知床五湖
知床五湖 Vol . 90
知床五湖
(北海道 斜里郡斜里町)
‐ Hokkaido ‐
北海道
Presented By 星★聖
知床五湖(北海道 斜里)
国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』 > 知床五湖 知床五湖をご覧になるにあたって
知床五湖の評価
知床五湖の観光格付け評価
旅シュランの説明を見る

■ 知床五湖とは?

 北海道の斜里町の知床国立公園内にある、湿地と原生林に囲まれた一湖〜五湖からなる5つの湖の総称で、年間約50万人が訪れる観光スポット。2005年7月に、日本で3番目の世界自然遺産に登録されたエリアに属する。
 観光客の増大による自然破壊と、相次ぐヒグマによる被害により、現在は入場制限を行っており、時期により異なるルールに従っての散策となる。
日本の世界遺産
知床五湖のPR
おすすめシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
冬期閉園 ヒグマに注意!
本当の楽しみは三湖以降なので、訪れる時期とルールをよく理解しよう!
時期によりルールが異なり、地上遊歩道を自由に歩けないので注意!
ヒグマに注意! 鈴と万が一の時の対応くらいの準備はしておこう!
〜 知床五湖 編 〜 温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)
知床五湖の見所
知床五湖 世界自然遺産 趣のある光景
知床五湖 世界自然遺産 趣のある光景
常に自由に見られた知床五湖も、今はルールによりシーズンオフのみ自由に見られる状況に。毎年のようにルールが変わっているので、訪れる際には注意を! 手つかずの自然が満喫できた知床も、世界遺産登録後は観光客の増大で事情が変わり、世界自然遺産登録がよかったのか悪かったのか…複雑な感じだ。 人に会うかヒグマに遭うかというくらい、静寂に包まれていたかつての知床五湖が懐かしいが、それでも趣のある光景はあちこちで見られる。
一湖 二湖 知床の道
一湖 二湖 知床の道
地上遊歩道が歩けなくなり、反対側からアクセスする高架式木道から望むようになった一湖。しかしながらここから先へは一方通行で行けない。 今までは一湖と二湖を見て帰るのが定番だった知床五湖巡りも、今はいろいろ複雑になった。訪れる以上は、最低限ここまでは見ておきたい。 知床五湖へ向かう道も、知床峠を抜ける国道も、何が飛び出してきてもおかしくないほど、まだまだ大自然の中にあるので注意!
知床五湖周辺のおすすめの宿 … 知床五湖 周辺の宿泊施設だよ! >>> もっと詳しく宿探しをする!
知床五湖の地図
基本情報
■名称:知床五湖
■読み方:しれとこごこ
■ホームページ:知床五湖
■所在地:北海道斜里郡斜里町岩尾別
■問合せ:0152-24-2297(釧路自然環境事務所)
観光情報
北海道ぐるり旅(北海道公式観光情報)
知床斜里町観光協会
北海道エリアガイド
北海道グルメ情報
星★聖の名勝・史跡探訪記 『知床五湖』 編

大自然がそこにある・・

2005年7月に、日本で3番目の「世界自然遺産」に登録された、北海道は知床
そんな知床の楽しみといえば、やはり広大な大自然を満喫することではないでしょうか。

おいしい知床の空気を吸いながら、緑あふれる大自然に触れることは、気分爽快間違いなしで、そんな楽しみを手軽に味わえる場所が、ここ 『知床五湖』です。

知床五湖は、知床半島のちょうど半分あたりの場所にあり、西海岸沿いに位置しています。

知床で大自然を満喫できる場所といえば、知床峠からの羅臼岳の眺めがすばらしく、四季折々で変化する山肌が、いつ訪れても楽しめる知床横断道路が真っ先にあげられますが、そんな知床峠を抜け、国道を右折して西海岸を北上したところに、この知床五湖があります。

この知床五湖より先は、「カムイワッカの滝」で行き止まりとなることもあり、ある意味、秘境ともいえる知床五湖ですが、観光名所となっていることもあり、ツアー客を含め、多く観光客で賑わっています。


知床といえば・・

知床と言えば、「知床旅情」の唄が有名なため、知床という地名を知らない方はいないかと思いますが、残念ながら唄に出てくる「知床岬」には、そう簡単にはたどり着けません。

というのも、ちゃんとした道が無い為、西側は「セセキ温泉」、東側は「カムイワッカの滝」止まりで、その先には陸路では歩く以外に、アクセス方法がなくなるからです。

小学生が、5泊6日で知床岬を探検したという話を聞いたことがありますが、知床岬は「ヒグマ」の聖地と言われるほど厳しいところなので、素人が簡単には近づけないところでもあります。

それだけに、大自然が残されており、世界自然遺産に値するということも理解できます。

知床半島では、あちこちの道にエゾシカが飛び出てきますし、山々ではエゾリスが歓迎してくれます。

そして、ここ知床五湖もまた、そんな知床の大自然の一部を、垣間見れる場所となっています。

ヒグマの生息地

この知床五湖は、知床の原生林に囲まれた、清麗かつ神秘的な湖群となっています。

知床五湖というだけに、文字通り一湖から五湖までの湖が集まっているのですが、どれもみな大自然そのものといった感じの湖です。

知床五湖の水は、湧き水が多く、まさに鏡のように澄んでいるため、そこに映し出される情景は、眼前の知床連山の山々の景色をも上回るほど美しいものであり、思わず見とれてしまうほどです。

知床五湖の美しい眺めを前に、足を止め、しばし時の流れるのを忘れて、ボーっと佇んでいる観光客の姿が、あちこちで見受けられるのも、この美しさのためではないでしょうか。

そんな知床五湖を巡るには、知床五湖の駐車場がある、ソフトクリームが美味しいレストハウスから続く遊歩道を進んでいき、一周約3km、1時間程で巡れる一湖、二湖の散策路を行くのが定番だったのですが、世界遺産登録後の観光客の増大による自然破壊や相次ぐヒグマの被害により、現在は時期により異なるルールによる散策方法となっています。

有料ガイドを申込んでのツアー形態だったり、講習を受けてからの散策だったり、高架式木道も完成し、毎年のようにルールも見直されているようですので、事前にホームページにてチェックしてから訪れて下さい。

できれば一湖、二湖で引き返さずに、ぐるっと一周してみてください。

本当のおすすめは三湖以降で、特に朝一番の散策は、すばらしい景色が楽しめること間違いなしの最高の場所であり、知床の大自然を独り占めできたりもします。

ただし、 それが可能かどうか、またヒグマの生息地であることを忘れずに、充分気をつけて歩いてください。特に5月から7月までは要注意ですので、自分は大丈夫という過信は禁物です。

くれぐれも万が一に備えての心構えと、鈴はお忘れなく・・・
知床五湖を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ! ・・・ 知床五湖を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ!
オシンコシンの滝
オシンコシンの滝
(北海道)
オーロラファンタジー
オーロラファンタジー
(北海道)
ウトロ温泉
ウトロ温泉
(北海道)
博物館網走監獄
博物館網走監獄
(北海道)
川湯相撲記念館
川湯相撲記念館
(北海道)
<<< 089 御花・松濤園 三分一湧水 091 >>>
知床五湖(北海道 斜里)
北海道のゴルフ場旭川のビジネスホテル釧路のビジネスホテル層雲峡温泉の宿川湯温泉の宿
-知床五湖のPR-  〜 ♪にっぽんコロリン!ここ最高! 北海道旅行観光ガイド『知床五湖』〜
― 国内旅行観光ガイド 『名勝・史跡★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) Takashi Hoshi. All Rights Reserved.