大分県旅行観光ガイド『青の洞門
青の洞門 Vol . 188
青の洞門
(大分県 中津市本耶馬渓町)
‐ Oita ‐
大分
Presented By 星★聖
青の洞門(大分 耶馬渓)
国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』 > 青の洞門 青の洞門をご覧になるにあたって
青の洞門の評価
青の洞門の観光格付け評価
旅シュランの説明を見る

■ 青の洞門とは?

 大分県中津市本耶馬渓町の、耶馬日田英彦山国定公園内にある景勝地「競秀峰」の裾に掘られた、全長342mの隧道。18世紀中頃、諸国行脚の途中に禅海和尚が、命を落とす者もいた鎖を頼りに断崖を行く道を見かね、30年の歳月をかけ石工たちとともに、ノミとツチだけで掘り抜いたもので、菊池寛の「恩讐の彼方に」の題材にもなっている隧道。
 現在は車道となっており、だいぶ様子も変わっているが、一部に手彫りのトンネルが残されており、通行見学が可能。「耶馬渓」を代表する紅葉スポットにもなっているため、晩秋には特に多くの観光客で賑わう。狭い洞門内はバスも通過するので、車道は歩かないように一列で!
青の洞門のPR
おすすめシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
紅葉
トンネル内外に、禅海和尚の像があるので見逃さないように!
青の洞門の見学だけでなく、競秀峰の遠景を楽しむのを忘れずに!
近くの禅海堂に、禅海和尚が使用した実際のノミとツチが置いてあるよ!
~ 青の洞門 編 ~ 温泉マイスター 星★聖(ほし たかし)
青の洞門の見所
禅海和尚の像 青の洞門のトンネル入口 手彫りのトンネル
禅海和尚の像 青の洞門のトンネル入口 手彫りのトンネル
ノミとツチを巧みに操る禅海和尚の像。良くも悪くも伝説の多い人物だが、洞門を掘り抜き後世に残した功績は認めたい。 決して写真の縦横比を細工しているわけではない。いかに青の洞門が断崖絶壁に掘られているのか、そして現代のトンネルで無いことがよくわかる。 車道から分かれ、一部通行可能となっている手彫りのトンネル。ノミ使いを感じて欲しい。内部に禅海和尚像と地蔵菩薩がある。
青の洞門
青の洞門
狭い洞門内を、大きな観光バスが通るのには驚いた。危険なので、決して車道を歩いたりしないように。歩道もすれ違うのがやっとなので、一列で歩いて欲しい。車道の横から手彫りのトンネルへと続く入口が設けられている。青の洞門は、全長が342mでトンネル部分の合計が144mと、決して長いわけではないので、反対側まで歩いて抜けてみよう。
青の洞門の地図
基本情報
■名称:青の洞門
■読み方:あおのどうもん
■ホームページ:
■所在地:大分県中津市本耶馬渓町曽木
■問合せ:0979-52-2211(本耶馬渓支所)
観光情報
大分県観光情報サイト
中津耶馬渓観光協会
大分県エリアガイド
大分県グルメ情報
青の洞門を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ! ・・・ 青の洞門を見た人は、こんな観光スポットもチェックしているよ!
宇佐神宮
宇佐神宮
(大分)
双葉の里
双葉の里
(大分)
富貴寺
富貴寺
(大分)
熊野磨崖仏
熊野磨崖仏
(大分)
太宰府天満宮
太宰府天満宮
(福岡)
<<< 187 布引観音 杉本寺 189 >>>
青の洞門(大分 耶馬渓)
大分のゴルフ場予約クラウンメロンの通販別府温泉の宿由布院温泉の宿
-青の洞門のPR-  ~ ♪にっぽんコロリン!ここ最高! 大分県旅行観光ガイド『青の洞門』~
― 国内旅行観光ガイド 『名勝・史跡★百景』 ―
ホームページ内の写真や記載内容の無断転用を禁じます。
Copyright(C) Takashi Hoshi. All Rights Reserved.