シーサイドネット

シーサイドネットシーサイドネット
■運営:株式会社シーサイドネット
■共用サーバー

■評判・評価スコア      :60点
■コスト(年間維持費)    :★★
■高機能・ツール       :★★★
■わかりやすさ・設定     :★★
■サポート体制        :★★★★
■安全性・稼働率・バックアップ:★★★
■経営母体・バックボーン   :


■シーサイドネットの評判・特徴  >>> 詳細はこちら

★かつては老舗のレンタルサーバーとして知られたシーサイドネットも、経営母体の弱さを露呈している感があり、時代の流れに設備投資も含め、やや追い付いていない感じがする。ただし限られた人員で、注目集めでやみくもに新しいモノに手を出し障害を招くサーバー会社が多い中、既存のユーザーを第一に考え、おもてなしの心を持ってレンタルサーバーとしての本来の姿である基本機能の安定に努めていることは、これはこれで好感が持てる。2010年に創業10年を迎え、新たなCI戦略としてロゴを一新し、ブランド力アップに努め、同時に社内改革を進めている。

★すべてにおいて容量がネックとなっているようで、現在の流れからすると容量に対して割高感が感じられる。初期段階でオプションによる容量追加を招かないように、ホームページ容量、データーベース容量、メール容量は十分にチェックすべし。

★現実的な線としては、平日の電話サポートが付くPremiumプランからが選択肢となる感じで、9分返信のメールサポートの試みは感心するも、容量・機能・価格を鑑みるに、コストパフォーマンスにおいてこれ以下のプランでシーサイドネットを選ぶ理由は見つからない。

     



■シーサイドネットを申し込む前に・・・

★シーサイドネットのレンタルサーバーを何に使うのか?という利用目的が明確で、すぐに設定作業に入れる準備ができているか?

★利用目的が規約に反していないか?商用利用も含め、該当プランの共用サーバーについてもう一度確認しよう。

★シーサイドネットのレンタルサーバーで、必要十分なパフォーマンスは得られるのか? 特にホームページ容量、データーベース容量、メール容量は十分にチェックしよう!

★シーサイドネットのバックアップシステムやサーバー設置環境について理解しておこう。

★SSLやCGI、MySQLなど、必要な機能が備わっているか?また、WordPressやMovableType、XOOPS、EC-CUBEなどのアプリケーションの利用を考えている場合には、それらへの対応やデーターベースの作成可能な数、PHPなどのバージョンなどの情報についても把握しておこう!

★シーサイドネットを利用しての独自ドメインの取得方法やwhois情報の管理、ドメイン移管の手続き方法や費用について確認したか?

★プランによっては電話サポートが無いこと。9分返信のメールサポートなどを十分理解できているか?シーサイドネットのサポート体制で、十分かつ円滑にサイト運営が行えるか?

★年間のサーバー維持費だけでなく、独自ドメインの更新料や必要なオプションサービスなどを含めた年間維持費で比較検討したか?

★シーサイドネットの申込みキャンペーンなどのお得な情報や申込み方法・期間を確認したか?



     

>>> シーサイドネットの共用サーバーについての詳細はこちら